インターネットカジノカフェは大丈夫?

貴方はインターネットカジノカフェをご存知ですか?これはカジノカフェやインカジとよばれているものであり、最近では警察が摘発対象として目を光らせていますので、裏カジノと表現されることさえあるのです。
世界中で楽しまれているオンラインカジノと混同してしまう人がいるのですが、こうした裏カジノとは一線を画すものであり、間違えないようにしたいものです。

インターネットカフェ

また、カジノカフェと聞いて摘発報道を思い起こす人が多いかも知れません。ここで以前報道された記事を掲載してみます。
2006年2月24日海外のオンラインカジノを利用した店舗が京都府警による摘発を受ける。京都市中京区に所在するインターネットカジノカフェ「ゴールドラッシュ」にて店員2名とプレイ中だった客2名が賭博容疑で現行犯逮捕。
大体、おおまかにはこのような報道でした。
このような報道に触れますと「やっぱりオンラインカジノは違法ではないだろうか?」と感じてしまいますね。気持ちはよく分かるのですが、ちょっと待ってください。この事件における概要をさらに詳しく解説していきます。
こちらの店舗ではフィリピンで開設しているオンラインカジノを導入しており、店舗内における11台の端末を使用して、客に遊ばせていたとされています。店舗を実質的に運営していたスタッフ2名は、こうした行為に関して違法性はない、と主張していました。オンラインカジノの運営自体は合法化されている国でおこなっていますし、こうしたものに参加することは確かに問題ないでしょう。しかしながら、こちらの店舗では客が直接これらのオンラインカジノサイトにアカウントの登録を済ませることはなく、1ポイントを100円で現金販売をおこなっていたのです。カジノサイトへのアカウント登録は全てカジノカフェ側がおこなっており、客がカジノで負けた場合にはその負け分をカジノ運営側と分け合っていたと警察は判断しました。つまりここで手数料に相当する部分が発生しており、これは胴元としての役割にあたると判断されています。

このように国内で現金の授受が発生するような形態は、賭博法に触れてしまう可能性がかなり高く、貴方がもしこのような形態の店舗を見かけた場合には、十分に注意しなければなりません。また、こうした店舗は暴力団の資金源となっている可能性が非常に高く、こういったお店で遊んでしまいますと、大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるのです。

オンラインカジノを取り巻く社会環境は日々変化しておりますので、なるべく最新の情報に触れるようにしてください。